速度の制限が厳しくないと言うところも

WiMAXサービスを使っていて感じる利点は、いくつかあります。具体例を挙げると、モバイルインターネットですから、任意の場所からインターネットアクセスが可能な点が挙げられます。

次に思い浮かぶのが、無線を使ったサービスなので、回線工事が不要だと言う点です。その他にも、モバイルのネット通信ですから、毎月の負担も低い状態でインターネットが利用可能です。 (さらに…)

/ 6月 6, 2016 / IT

下り最大通信速度が以前の110Mbpsと言う速度から

WiMAXサービスは25ヵ月間の契約が基本になってて、途中で解約をしてしまうと違約金を取られてしまいます。
それだけ長い契約期間になっていますので、きちんとしたところと契約を行いたい所です。
意外と見落とされがちな部分が、それぞれの契約先のサポートセンターの応対です。コールセンターの営業日が平日のみだったり、フリーダイヤルじゃ無いプロバイダもありますから、ちゃんと判断してから契約を行いたいものです。 (さらに…)

/ 6月 5, 2016 / IT

WiMAXサービスのプロバイダの中でも

WiMAXサービスと契約を行う時、様々なキャンペーン特典が付いて来ます。中でもお勧めなのが、公衆無線LANを利用出来るようになるサービスです。

UQ WiMAXならUQ Wi-Fiプレミアム、あるいは、@nifty WiMAXだったら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言った感じのものです。 (さらに…)

/ 6月 4, 2016 / IT

自分のインターネットの使い方を検討しつつ

WiMAXサービスの契約の際は、料金プランの選択が必要です。

プロバイダ毎に違いがあるのですが、ざっくりと分けると2種類に分類する事が出来ます。
それは、ギガ放題プランと通常プランです。
ギガ放題プランは月額料金が高額な料金プランですが、たっぷりと通信を行なう事が出来るお得な料金プランです。 (さらに…)

/ 5月 26, 2016 / IT

インターネット回線のサービスの中には

光回線の契約をする時、契約を交わすプロバイダによっては、勝手に有料サービスに加入させられるケースがあります。
そう言うプロバイダに申し込んだ時は、契約後に有料オプションの解除を行なう必要があります。始めの2ヵ月のみタダと言ったパターンもありますので、初めの請求額のみ確認して安心していると、知らぬうちに課金されていたと言うパターンもあります。 (さらに…)

/ 5月 23, 2016 / IT

6000円くらいのお得感になると言えるでしょう

WiMAXサービスを取り扱っているプロバイダの中の一つに、So-netモバイルWiMAX 2+って言うプロバイダがあります。
このプロバイダが提供しているWiMAXサービスですが、1年間分のセキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う点が特徴です。 (さらに…)

/ 5月 20, 2016 / IT

契約から25ヵ月目以降は業界最安値のプロバイダなのですから

WiMAX機器のサイズは、スマートフォンよりも小さいです。だから、カバンに入れて持ち運びできます。

ポケットに入る大きさですし、重さも厚みも大した事無く、ポケットに入れた状態で座っても、ポケットは膨らみません。WiMAX機器は、スマホアプリを使用して操作可能です。そう言う理由で、WiMAX機器をカバンの中に入れ、そのまま使う事も可能です。WiMAX機器は通常の値段が20000円しますし、クレードルセットで22750円も掛かります。それなりの値段となりますので、WiMAX契約の際の負担となってしまいます。

(さらに…)

/ 5月 19, 2016 / IT

速度制限無しとは言えども

モバイルインターネットサービスには、WiMAXの他にも様々なサービスがあります。
具体例を挙げると、速度制限のないぷららモバイルLTEと言うサービスがあります。速度制限の無いぷららモバイルLTEなのですが、通信速度はわずか3Mbps程度です。

(さらに…)

/ 5月 14, 2016 / IT

速度制限無しとは言えども

WiMAXを取得すると、WiMAX機器しか使わないので、家の中がさっぱりします。
固定回線だと電話線とモデムと無線ルーターが必要で、その間をLANケーブルで繋ぐ必要があります。

モデムは毎月レンタル料金が必要で、月額料金に追加課金されます。 (さらに…)

/ 5月 11, 2016 / IT

プロバイダ毎にプランの種類はあるものの

WiMAXに関して調べていると、結構言われている事があります。例を挙げれば、全然実用レベルではないだとか、そう言った意見もあるにはあります。ではありますが、WiMAXの対応エリアは毎年広がる一方です。

(さらに…)

/ 5月 6, 2016 / IT