夏の頭痛とは?

頭痛には片頭痛や緊張型頭痛があります。頭痛に悩まされている人の中には夏になると頭痛が出るという人もいるようです。なぜ気温が高くなる夏に頭痛が出てしまうのでしょうか?色々と調べてみました。

まずは夏になるとどうして頭痛が出てしまうのかについて考えていきましょう。主な原因とされているのが夏場に電源を入れるクーラーです。クーラーがかかった冷えた部屋にいると首や肩の筋肉が緊張状態になり硬くなることで緊張型頭痛の症状が出てしまう時があります。また、冷房の効いた部屋から出た時にも気温差が激しいので片頭痛の原因になってしまう事もあるのです。

また、夏場は汗を沢山かくなどどうしても水分不足になりがちです。水分不足は血流を悪くしてそれが要因になって頭痛に繋がってしまう事もあるのです。予防策としてはクーラーの設定温度を下げ過ぎないというのが有効と言われています。下げ過ぎは夏バテなどに繋がってしまうためおすすめできません。

日本の夏場の気温や湿度は辛いですよね。先日、いつも使っているトランクルームの会社ではないところに荷物預かりをお願いしました。理由は空調管理がしっかりしている点です。トランクルームやレンタルボックスに大切なものを入れるのならカビなどの心配がない空調完備の所がおすすめです。詳しい情報は⇒トランクルーム 夏 温度で確認できるので暇な時にでもどうぞ!自分の荷物は自分で守りましょう。

user414 / 6月 1, 2018 / 生活