このWiMAX端末はau 4G LTE通信に対応していて

WiMAXサービスの魅力としては、無線を使ったインターネットサービスであると言う点にあるでしょう。
無線を使用しますから、どんなトコからでもインターネットアクセスが利用可能となります。その上、WiMAX機器は小型ですので、携帯性が高いです。諸々の点を考慮すると、タブレットと一緒に持ち運ぶと良いです。そう言う部分から、WiMAXプロバイダの中にはタブレットの無料プレゼントを行っている所も存在します。

WiMAX通信専用のデータ端末は、年々新製品が発売されます。

 

個々により機能が異なり、快適さも違います。

そんな中でも衝撃的だったのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の販売です。

このWiMAX端末はau 4G LTE通信に対応していて、以前はまだ不十分だったWiMAXの通信エリアをカバーする事が出来ました。前々から気になっていたWiMAXに関して調べていると、結構言われている事があります。

 

一例を挙げると、通信が途切れるだとか、そんな批判的な意見もあります。ですけども、WiMAXの通信環境は日々改善されています。(BIGLOBE WiMAX 2+の料金とキャンペーン特典が知りたい!にて)
従って、現状とは状況が異なるケースが多いです。口コミサイトのWiMAXの記事を読む場合、出来るだけ新しいクチコミを確認するようにしましょう。
WiMAXサービスの料金プランは数種類あります。

 

プロバイダで違うので一概には言えませんが、大体、2種類の料金プランがあります。その料金プランは何かと言うと、通常プランとギガ放題プランと言う2種類のプランがあります。
ギガ放題プランは月々の支払いが少しだけ高額になりますが、通信量による帯域制限が緩いので、お得感は大きいです。
対して、安さがメリットの通常プランがありますが、速度制限の規制が厳しいと言うデメリットがあります。

自分の通信環境に合わせた形で、料金プランの選択を検討すると良いでしょう。

 

GMOとくとくBB WiMAX 2+の契約時に付いて来るオプションサービスの中には、Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプションと言った月額362円のサービスもあります。

 

このオプションサービスは何なのかと言うと、ワイヤアンドワイヤレス社の運営するWi2エリアとUQコミュニケーションズ株式会社の提供するUQ Wi-Fiエリアを使用出来るサービスの事です。

対象となるアクセスポイントは全国10000ヶ所以上で、駅や空港やバス、飲食店やホテルなどと言った場所で使用する事が可能です。Wi2エリアの中では別途1時間利用ごと100円掛かるオプションエリアチケットを購入する必要のあるエリアが存在しますが、オプションエリアチケットを買い取った金額分はGMOポイントと言う形で還元して貰えます。ワイマックスってサービスがあるのですが、このネット通信サービスって、速度制限が厳しすぎず、ある程度使い勝手の良い点が特長となります。
ですから、大容量通信が必要となる方であれば、ワンプッシュ出来るモバイル環境と言えます。通信制限を考えたくないのならば、検討してみるのも良いでしょう。
So-net モバイル WiMAX 2+にてWiMAXサービスの契約を行なう利点ですが、セキュリティサービスがメリットの一つとして挙げられます。

何故なら、So-netのインターネットサービスはWiMAXだけに限らず、セキュリティサービスが付いて来ると言う点で好評なのです。
付いて来るセキュリティサービスとはカスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティのことで、WindowsとMacとAndroidの3種類のOSで利用可能で、最大5台の機器までセットアップする事が出来ます。カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティを機器内にインストールする事によって、ウイルスやハッキングやフィッシング詐欺などの様々な危険を減らす事が出来る点が、とても嬉しいキャンペーン特典と言えます。

WiMAX端末は通常価格が20000円しますし、クレードルとのセット販売で22750円もします。
かなりの金額となりますので、WiMAX契約の際の負担となってしまいます。
そんな訳で、それぞれのプロバイダではWiMAX端末の無料プレゼントキャンペーンを行っています。
プロバイダによってはクレードルとセットで無料の所もありますので、そう言うプロバイダを選ぶと良いです。周知の通りWiMAXには速度制限がありますが、それほど厳しいものではないです。

WiMAXのギガ放題プランに申し込めば、ハイスピードモードの時の月間データ量による速度制限がないです。

 

また、混雑回避の為の速度制限の時も、他のモバイルインターネットサービスの3倍の通信量を使用する事が出来ます。

速度制限の時であっても、動画を観る事が可能な通信速度は維持されます。WiMAXサービスを販売するプロバイダの中に、Broad WiMAXというプロバイダがあります。

Broad WiMAXの特色としては、月額の使用料金が安い点が挙げられます。
それだけ初期費用が高額なのですが、クレジットカード払いの人は初期費用が無料になるキャンペーンが行われています。契約25ヵ月目以降は業界で一番安いプロバイダですから、長い期間契約を続ける方にはお勧めのプロバイダとなります。URoad-Home2+はホームルータータイプのWiMAX機器で、バッテリーを内蔵していない為、使用目的は室内利用だけに限られています。ですが、可動式の高性能アンテナが外付けになっており、受信精度の良さが特徴の一つとなっています。合わせて、同時に16台もの機器をWi-Fi通信可能ですし、2台の機器をLANケーブルで有線通信する事が出来ます。

更に、WiMAX通信のみを使用するノーリミットモードに対応していますので、速度制限に囚われる事なくインターネットを行なう事が出来ます。URoad-StickはUSBサイズの軽く小型のWiMAX端末で、持ち運びが楽で便利です。URoad-StickをUSBポートに接続する事で、そこから給電しながら扱う事が出来ます。

ややこしいセットアップも不要で使えますから、そんな簡便性が評判のWiMAX端末となっています。

対応している通信回線はWiMAXとWiMAX 2+で、下り最大通信速度としては110Mbps出力する事が可能です。WiMAXの月額料金ですが、実を言うと、契約先によって料金が違います。

例えば、Broad WiMAXの場合、最初に高額な初期費用が掛かる代わりに、契約期間は毎月の料金が割引きされます。

 

それから、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金がかなり安いですけど、契約から25ヵ月目の月額料金は高額になります。この様に、それぞれの契約先によって毎月の料金に特徴がありますので、それを把握した上で申し込み先を決めましょう。モバイルルーターを使ったインターネットサービスは、WiMAXの他にも色々なサービスが存在します。
具体例を出すと、速度制限を気にせず利用する事が出来るぷららモバイルLTEが存在します。
このサービスに速度制限が無いと言うのは間違いありませんが、3Mbps程度しか出ない点が難点ではあります。ぷららモバイルLTEの通信速度って、WiMAXの速度制限時よりも遅いです。

 

ですので、速度制限は無いと言うウリ文句ではありますが、WiMAXを例に出すと、いつも速度制限状態と変わりありません。
WiMAXサービスは25ヵ月間の契約が基本になってて、途中で解約をすると契約解除料を取られてしまいます。
そんな長い契約期間になっていますから、きちんとしたとこと契約をしたい所です。意外と見落とされがちな部分が、それぞれの契約先のカスタマーサービスの応対です。
コールセンターの営業日が平日のみだったり、フリーダイヤルじゃ無いプロバイダもありますから、しっかりと判断してから契約を行いたいものです。WiMAXのサービスに申し込んだ事により、私の日常は大きく一変しました。
一番大きかったのが、スマートフォン通信で7G制限を気にする必要がなくなりました。

Wi-Fiテザリングを使ってWiMAX端末でインターネットを行なうので、スマートフォンの通信量は浪費しなくなった訳です。

 

そう言う理由から、スマートフォンサイトにムービーが設置されている場合であっても、ヒヤヒヤせずPCのように観れるようになりました。

UQ WiMAXサービスに申し込むと、その利便性の高さに驚かされます。私がWiMAXと契約後に思ったのが、帯域制限がそんなに厳し過ぎないと言う部分です。
自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの買い換え組なのですけど、帯域制限のせいでイライラする事が無くなりました。UQ WiMAXにも速度制限はありますが、ギガ放題プランで申し込めば気にするレベルじゃ無くなるのです。それぞれのWiMAX端末にはクレードルと言う充電用台座が別に売られていて、価格としては大体3000円前後します。このクレードルの必要性が気になると言う人もいるかと思われますが、基本的にはクレードルはなくてもWiMAXを使用する事が可能です。とは言え、クレードルがある事でイーサーネットポートを利用する事が出来ますから、LANケーブルを使ったAPモードやルータモードが使用する事が出来るようになります。

その他にも、常にWiMAX端末をフル充電の状態で保つ事が出来ますから、いつでも外に持ち出す事が出来るようになります。BIGLOBE WiMAX 2+でWiMAXサービスの契約をすれば、二種類あるキャッシュバック特典から好きな方を選択する事が出来ます。一つ目が契約12ヵ月目に手続き開始になる現金でのキャッシュバックで、もう一方が24ヵ月間ずっと毎月900G貰えるGポイントでのキャッシュバックです。

Gポイントの方が貰えるキャッシュバック額が若干多く、BIGLOBE IDとGポイント会員IDの対応付けを行った段階から貰えるのに加え、受取り損ねてしまう危険性も現金キャッシュバックより低いです。
GポイントはBIGLOBE WiMAX 2+の使用料金の支払いに使用可能ですし、楽天ポイントやWAONポイントやTポイントなどの約140社のポイントに変換出来ます。

WiMAXサービスを提供しているプロバイダの中でも、ちょっと他と違うのが3WiMAXと言うプロバイダです。WiMAXサービスのプロバイダと言えばUQ WiMAX系統のものが大半なのですが、3WiMAXはKDDI系統のWiMAXサービスを取り扱っています。そう言う事で、3WiMAXでラインナップされているWiMAX端末の機種が、他のプロバイダとは全く異なります。
具体例ですが、3回線のキャリアアグリゲーションによって下り最大通信速度が370Mbps出る部分が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出るUSBタイプのWiMAX端末であるSpeed USB STICK U01は、UQ WiMAX系統のプロバイダにはランナップされていません。

 

近年普及率の高まるWiMAXではありますが、通信速度の制限処理に注意しながら使用しましょう。

他社のモバイルインターネットと比較すると、そこまで厳しい速度制限を掛けていないのがWiMAXです。
とは言っても、通信量によっては速度制限が適用されますので、ある程度気にした上でWiMAXを利用したいものです。しかし、速度制限が掛けられてしまったケースであっても、大容量のダウンロードを行わなければ、問題無くインターネットを使用する事が出来ます。

Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに該当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりもバッテリー消費を減らす部分が強化されたWiMAX端末です。なぜかと言えば、Speed Wi-Fi NEXT WX01で新たに導入された4×4MIMOは通信速度が二倍になるメリットがあるものの、バッテリー消費が著しかったからです。そんな理由で、Speed Wi-Fi NEXT WX02にはバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへとオートマチックに切り替わる機能となる、バランスモードと呼ばれるモードが新たに搭載されました。その他、三日間の総通信量がディスプレイされる機能が新しく搭載され、混雑回避のための速度制限に対する対策が行いやすくなりました。
Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションを実装し、初の下り最大通信速度が220Mbpsに及んでいるWiMAX端末としてラインナップされました。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が発売された当初はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、今は対応地域が広がっています。
また、au 4G LTE対応はHWD15からそのまま受け継ぎ、広い地域での通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つになってます。勿論の事ですけど、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う充電台にも対応してて、充電しながらの通信も可能です。WiMAXに対応している通信機器は数種類存在します。
WiMAX端末は新しい端末が次々と登場するので、これまでに無い機能を持ったものもあります。

WiMAXの回線も新技術が採用されていて、元々はWiMAX回線しか無かったのですが、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線を使い分ける事が可能となりました。

 

しかも、通信速度も年々速くなって来ています。キャリアアグリゲーションや4×4MIMOが採用された時も、通信速度が220Mbpsへと速まりました。UQ WiMAXを手に入れると、WiMAX本体しか必要ないから、屋内がすっきりします。

光回線だと電話線とモデムとWi-Fi機器が必要で、間をケーブルで繋ぐ必要性があります。モデムは毎月レンタル料金が掛かり、月額料金に追加課金されます。

そして、モデムに無線カードを差し込む事も出来ますが、無線カードを使用する月はレンタル料を取られてしまいます。
現在、WiMAXの契約先の中には、オリジナルの保証制度を用意するプロバイダが出て来ています。
例えば、Broad WiMAXはご満足保証と言う保証制度を用意しています。
それから、GMOとくとくBB WiMAX 2+は20日の保証制度を導入しています。いずれの保証制度にしろ、契約解除料を支払わずにWiMAXの解約を行なう事が出来ると言う制度となります。WiMAXサービスの醍醐味は、通信制限の規制が厳し過ぎないと言うところにあります。他社のモバイルインターネットサービスなら、帯域制限が恐ろしくて映画など視聴出来ません。

 

出来る事と言えば、5分程度の動画を数日に一回程度観る位ではないでしょうか?ですけど、WiMAXなら堂々と映画が視聴出来ますし、一日中ネット放送を流しっぱなしにしても平気です。
Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOと言う機能を搭載し、下り最大通信速度が以前の二倍となる220Mbps出る点が特徴となるWiMAX端末です。

4×4MIMOと言う機能はWiMAX端末に内蔵された4本の受信器と、WiMAX基地局に設置された4本の受信器で4回線同時の通信を行なうテクノロジーの事です。
その結果、下り最大の通信速度が以前の110Mbpsと言う速度から、二倍の220Mbpsとなる訳です。それに加え、Bluetoothに対応していますから、Wi-Fiよりも少ない消費電力でテザリングを行なう事が出来ます。GMOとくとくBB WiMAX 2+でWiMAXサービスの申し込みを行なうと、月額料金の支払いを行なうごとにGMOポイントが100pt貰えます。
貯まったGMOポイントはBBウォレットで100円に換金可能で、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金の支払いに使用する事が可能です。

 

BBウォレットの残高にお金を入れておくと、自動的にGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金として利用されます。

更には、GMOポイントは約2万店の提携ECサイトのネットショッピングで現金の代わりに利用可能だったり、クーポンサイトであるくまポンで現金代わりに利用する事も可能です。固定回線の人気は依然として健在ではありますが、モバイルインターネットも色々種類が出て、こちらの人気の高まりを感じます。
固定回線は使用場所が限定的なのに対して、利便性が格段に上がります。モバイルのサービスと言うと、どうしても安定性に不安が残る方もいるでしょう。
そんなイメージとは裏腹に、現在のモバイル業界は環境の整備が整っていて、通信を安定した状態で楽しむ事が出来るようになりました。

 

ですので、無線を使っているからと調子は悪く無いです。

 

/ 6月 23, 2016 / IT
タグ: