WiMAX機器は小型ですので

WiMAXと言うインターネットサービスの特長としては、インターネットの利用を無線で行なう事が可能だと言う利便性にあるでしょう。
無線を利用しますので、任意の場所からインターネットアクセスする事が出来るようになります。
それに加え、WiMAX機器は小型ですので、持ち運び性が長けています。そんな部分を考えると、タブレットとの組み合わせが良いです。
そんな所から、WiMAXプロバイダの中にはタブレットの無料プレゼントを行っている所も存在します。WiMAXサービスを提供しているプロバイダの間において、評判のプロバイダの一つとしてGMOとくとくBB WiMAX 2+を思い浮かべる方は少なくないです。GMOとくとくBB WiMAX 2+は色々なキャンペーンを行っており、そのバリエーションの豊富さも人気の秘密です。だけども、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選択される一番の大きな理由は、業界の中でも最高額のキャッシュバックキャンペーンが挙げられます。

それに合わせ、保証内容もしっかりしてるので、それが人気を支える大きな要因となっているのです。
nifty WiMAXと言うプロバイダでWiMAXの契約を行なうと、Wi-Fiサービスをタダで利用する事が出来るキャンペーン特典が付いて来ます。キャンペーン対象となるWi-Fiサービスなのですが、具体的には@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類です。その中の@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスなのですが、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を利用する事が可能になります。(UQワイマックスが評判な理由とは?お勧めポイントは?から)

 

WiMAX端末が手元になくても利用する事が出来ますし、速度制限も気にしなくて良くなりますので、凄く人気の良いサービスとなっています。月額料金が安いWiMAXのプロバイダとしては、Racoupon WiMAXが挙げられます。驚くほど月額料金が安いプロバイダですので、あれこれ制約を付けないのであれば、業界最安値のWiMAXのプロバイダであると言えます。
でも、auスマートバリューmineには対応していないですから、auのスマートフォンやケータイと契約しているユーザーにとっては、ほとんどうまみのないWiMAXのプロバイダと言っても良いでしょう。それに加えて、電話でのユーザーサポートが休日以外の10時から18時までのみ対応しているので、そんな部分でも気を付けるべきWiMAXのプロバイダと言えます。
WiMAXサービスと契約を行う時、色々なキャンペーン特典が付いて来ます。

中でもお勧めなのが、公衆無線LANサービスでしょう。UQ WiMAXであるとUQ Wi-Fiプレミアム、あるいは、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言った感じのものです。どのプロバイダと契約を行っても利用出来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、数多くのWi-Fiスポットと契約しているサービスとなります。WiMAXの契約先となるプロバイダは、何社かあります。

 

それぞれのプロバイダが行っているキャンペーンによってお得感は異なりますから、そう言った点で、注意しましょう。

例を出すと、セキュリティーサービスの付いたWiMAXサービスを利用したいのであれば、So-netモバイル WiMAX 2+がマッチしたプロバイダと言う事になります。

このように、選択したプロバイダによってお得感が変化しますから、慎重に契約先は選ぶのが望ましいです。

WiMAX通信機の大きさは、スマートフォンよりも小型です。

その為、邪魔にならない大きさです。

ポケットに収まるサイズですし、重さや厚みも大した事無くて、ポケットに入れた状態で座っても、ポケットは膨らみません。WiMAX端末は、スマートフォンアプリで操作可能です。
だから、ワイマックス対応の通信機をカバンの中に入れ、そのまま使う事も可能です。ワイマックスってインターネットのサービスですけれど、このネットサービスって、速度制限の規制がある程度緩い点が特長です。って事で、ある程度は通信を行なう使用目的があるのであれば、コレ以上のモバイルインターネットサービスはないでしょう。速度制限を気にしてられないと言う方は、検討してみましょう。

UQ WiMAXのサービスの醍醐味は、通信制限の規制が厳し過ぎないと言うところにあります。
他社のモバイルインターネットサービスなら、速度制限が恐ろしくて映画など見てられません。平気な事と言えば、5分ほどの動画を数日に一回程度視聴する位ではないでしょうか?でも、WiMAXだったら普通に映画が観れますし、24時間インターネット番組を流しっぱなしにしても平気です。
WiMAXのサービスの中で、最もサポート関連が充実しているのはUQ WiMAXでしょう。

WiMAXサービスに対してデータベースを一番持っていますし、問題が起こった時の対応も最も早くて的確で、サポート対応時間も最長です。だけど、UQ WiMAXはその代わりにキャンペーン特典の内容がイマイチですから、代理店と契約を行なうと言う手段もあります。
代理店だとキャンペーン特典がある程度充実してますし、サポート対応はUQ WiMAXを利用出来ると言う良いとこ取りが出来ます。
WiMAXを利用する際に、注意すべき速度制限は二種類存在します。一つ目は、月間データ量による速度制限と言われる、7G制限と言われているものです。
次いで、混雑回避の為の速度制限と呼ばれるものです。
ギガ放題プランへ申し込むことで、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限は適用外になります。ただし、混雑回避の為の速度制限は適用範囲になります。

UQ WiMAXではなく、KDDIのWiMAX機器として登場したSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、下り最大通信速度を370Mbpsも出す事が出来ると言う点がウリのWiMAX機器です。こんなに速い通信速度を出す事が出来る理由は、WiMAX 2+とFD-LTEを使ったキャリアアグリゲーションにあるのです。

この3波キャリアアグリゲーションですが、WiMAX 2+のTDD2波とFDDLTEの1波の周波数帯域を束ねる事で、下り最大通信速度が370Mbpsと言う脅威の通信速度を達成出来ていると言うわけなのです。
ただし、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を取り扱っているショップには限りがある為、選択可能なキャンペーン特典の選択の幅もそんなに多くありません。
WiMAX通信を行なう事の出来る専用の端末は、いくつか種類があります。

ラインナップされる新製品は次々と登場し、WiMAXの魅力はどんどん上がる一方です。

具体的に言えば、WiMAXしか対応していなかったWiMAX端末ですが、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線を選びながら使用可能です。他には、通信速度が毎年速くなっています。

キャリアアグリゲーションや4×4MIMOと言う技術が導入された時も、通信速度が220Mbpsへと向上しました。WiMAX通信を行なう為の端末は、日々進化を遂げています。
特に、通信速度の改良は目まぐるしく、今のところ、下りの最大通信速度は220Mbpsも出ます。しかし、ここのところは通信の速さよりも、どれだけ通信を行ったかを気にした機能が搭載される傾向にあるようです。

新型WiMAX端末のWX02やW02も、Speed Wi-Fi NEXT WX01やSpeed Wi-Fi NEXT W01の通信量の表示機能が強化されました。どうしてかと言うと、回線の混雑を避ける為に設けられた3日間で3GB以上の通信を行ったユーザーを対象にして実施される速度制限、これが以前よりも適用されるようになり、速度制限が厳しくなったのです。
そういう理由から、製造会社や使用者としては、新製品に搭載する機能も変わって来たのです。

 

WiMAXを使っていて感じる利点は、いくつか存在します。最初に思い浮かぶのが、無線なので、任意の場所からインターネットアクセスが可能な点が挙げられます。続いて思い付くのが、モバイル回線って事で、インターネットの回線工事が必要ないと言う点が挙げられます。そして、モバイルの通信規格と言う点で、インターネットサービスを安く導入できます。
なおかつ、通信の規制が厳しくないと言う部分も、WiMAXを導入する際の利点と言えます。

WiMAXのサービスを取り扱っているプロバイダの中の一つに、So-netモバイルWiMAX 2+って言うプロバイダが存在します。このプロバイダが運営するWiMAXサービスですが、1年間セキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う点が特徴です。

このセキュリティサービスなのですけど、カスペルスキーのマルチプラットフォームセキュリティと言う名称のセキュリティサービスです。

本来は月々500円のサービスですから、金額的に6000円分のお得感になると言えるでしょう。

WiMAXの機器の中においては、au 4G LTEと言うauの通信回線を扱えるものもあります。
au 4G LTEは人口カバー率99%と言う通信回線で、広いゾーンで利用出来ます。
それから、800MHzのプラチナバンドの電波を使っていますので、奥まった部分にまで電波が行き届きます。難点としては、一回でも使用すると月額1005円の回線利用料金が請求されますし、速度制限が適用されます。WiMAXサービスを提供するPEPABO WiMAXと言うプロバイダには、通常3種類のプランがあります。
28000円の高額な現金キャッシュバックが貰える通常プランとか、WiMAXサービスの月額料金が低価格な通常プランである月額割引プラン。また、ギガ放題プランを2年の間通常プランの安い月額料金で利用可能な料金プランがあります。不定期で、更に月額料金の安いタイムセールと言う料金プランも登場する事がありますけど、こちらはいつもラインナップされている料金プランと言う訳ではありません。Speed Wi-Fi NEXT WX02は4×4MIMOと言う機能に対応し、下り最大通信速度が以前の倍になる220Mbps出る点が特徴のWiMAX端末です。
4×4MIMOとはWiMAX端末内に装備されている4本の受信器と、WiMAX基地局に設置された4本の受信器で4回線の同時通信を行なう技術の事です。このテクノロジーにより、下り最大通信速度が従来の110Mbpsと言った速度から、二倍の220Mbpsとなる訳です。

 

また、Bluetoothに対応してますので、Wi-Fiよりもわずかな電力でテザリングをする事が出来ます。

Speed Wi-Fi NEXT WX01の後継機に相当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02と言うWiMAX端末は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりもバッテリーの消費を抑える点が強化されたWiMAX端末です。

その訳は、Speed Wi-Fi NEXT WX01で新たに導入された4×4MIMOと言う機能は通信速度が倍になるメリットがあるものの、バッテリーの消費が激しかったからなのです。

ですので、Speed Wi-Fi NEXT WX02にはバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる仕様になる、バランスモードと呼ばれる機能が新しく搭載されました。
更に、三日間の通信使用量がディスプレイされる機能が新たに搭載され、混雑回避のための速度制限に対する対応が取りやすくなりました。電気屋さんで、光回線の勧誘をされました。
ただ、私はWiMAXユーザーですし、無論、光回線は必要ありません。

 

販売員に必要ないと伝えたところ、考えてなかった返事を貰いました。WiMAXだと、天候が荒れたら受信が悪くなるでしょう?だけど、これまで3年間WiMAXを使用して来た上で、強風でWiMAXが使用不能となる日は一度もありませんでした。

 

強風の中であっても、WiMAXの通信が遅くなったり、受信具合が悪くなったりと言った事はありません。
WiMAXサービスの月額料金ですが、驚く事に、契約先によって料金が異なります。具体例を出すと、Broad WiMAXの場合、最初に高い初期費用が掛かる代わりに、ずっと月額料金が値下げされます。また、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金が大幅に安いですけど、契約25ヵ月目からの月額料金は高くなります。こんな感じで、それぞれの申し込み先によって月額料金に特徴がありますので、それを把握した上で契約先を決めましょう。

 

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後に続くモデルとしてお披露目となったWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15です。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三つの通信回線を使い分ける事が可能だと言う点が挙げられます。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーを搭載し、これまでのWiMAX端末のWiMAX通信と比較すると、一回りほど広いエリアでの通信を行えます。その上、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルと言う専用の充電台に対応したところが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14との全く違うところな訳です。

 

Speed USB STICK U01はUSBタイプのWiMAX端末で、下り最大通信速度として220Mbpsも出す事が可能な点が特徴のWiMAX端末です。
その仕組みですが2回線分のWiMAX 2+回線の帯域を同時に使用する事で、従来の倍の通信速度を出す事が出来るキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。
その上、Speed USB STICK U01と言うWiMAX端末はau 4G LTEと言う通信回線にも対応していますので、人口カバー率99%と言う広い通信エリアに対応する事が出来ます。Speed USB STICK U01はバッテリーを装備していませんから、USBポートから常に給電しつつ利用するタイプのWiMAX端末となります。
周知のようにWiMAXには帯域制限がありますが、そんなに厳しいものではないです。ギガ放題プランに申し込むと、ハイスピードモードに対する月間データ量による速度制限はないです。

混雑回避の為の速度制限も、他のモバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を使用する事が可能です。帯域制限の時であっても、動画を観る事が出来る通信の速さは維持されます。WiMAX機器は通常価格が20000円しますし、クレードルセット販売で22750円もします。結構な値段となりますので、WiMAX導入の際の足かせとなります。
って事で、それぞれのプロバイダではWiMAX端末の無料プレゼントを行っています。プロバイダによってはクレードルセットで無料の所もありますから、そんなプロバイダを選択するとベストです。WiMAXの提供元となるのは、auの子会社であるUQコミュニケーションズなのです。

と言う訳で、auに連携したサービスがいくつかあります。
その中でも代表的なのが、auスマートバリューmineなんです。
WiMAXの契約を行った後にauで手続きを行なうと、auのサービスの料金が安くなるサービスです。

 

WiMAXのサービスは25ヵ月間契約が基本になっていて、期間内に解約をしてしまうと契約解除料を取られてしまいます。

それほど長期契約期間になっていますから、きちんとしたとこと契約を行いたい所です。
結構見逃されがちな部分が、それぞれの契約先のカスタマーサービスの応対です。カスタマーサービスの受付日が平日のみだったり、フリーダイヤルでは無かったりするプロバイダも少なくないですから、ちゃんと判断してから契約を行いたいものです。大容量通信を行なう方向けのモバイルインターネットサービスとして流行ったWiMAXではありますが、帯域制限に注意しましょう。

他社のモバイルインターネットと比較すると、WiMAXの速度制限の規制具合は緩いです。
だからと言って、通信し過ぎると速度制限は適用されてしまいますから、速度制限が掛けられる基準を知っておくのが良いでしょう。
ですが、うっかり速度制限の対象となってしまった場合でも、大容量のダウンロードを行わなければ、問題無くインターネットを使用する事が出来ます。UQ WiMAXサービスには色々な料金プランがありますけど、25ヵ月間に渡る契約が基本です。

 

その理由ですが、25ヵ月間継続の契約を行なう事で、25ヵ月間の月額使用料が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。なおかつ、契約から26ヵ月目以降になると長期利用割引が適応になる為、終いには、ずっと500円割引きされた態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事になります。
500円と聞くとそんなに高額な金額ではありませんけど、値引きは毎月の事ですので、リーズナブル感は積もり積もって大きいものとなります。

/ 6月 11, 2016 / IT
タグ: