Speed Wi-Fi NEXT WX02はバッテリーの量で判断して4×4MIMOから

Speed Wi-Fi NEXT WX01の後継機に該当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02とは、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりもバッテリー消費を抑える点が改良されたWiMAX端末です。その理由として、Speed Wi-Fi NEXT WX01で新たに導入された4×4MIMOは通信速度が倍になるメリットがあるものの、バッテリーの消費が著しかったからなのです。

そう言う訳から、Speed Wi-Fi NEXT WX02はバッテリーの量で判断して4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる機能となる、バランスモードと呼ばれる機能が新たに導入されました。なおかつ、三日間の通信使用量が表示される機能が新たに加えられ、混雑回避のための速度制限への対策が取りやすくなりました。WiMAX通信に対応した機器のサイズは、スマートフォンよりも小さいです。

従って、携帯するのに便利です。ポケットに入るサイズですし、重さや厚みも大した事無くて、ポケットに入れた状態で座っても大丈夫です。ワイマックス端末は、スマートフォンアプリを使って操作可能です。(Broad WiMAXの月額最安プランは本当にお得!?にて)

 

と言う訳で、ワイマックス機器をカバンの中に入れ、その状態で使用する事が出来ます。WiMAX通信機は普通の価格が20000円しますし、クレードルとのセットで22750円も掛かります。結構な価格となりますので、WiMAX導入の際の足かせになってしまいます。
ですから、それぞれのプロバイダではWiMAX端末の無料プレゼントキャンペーンを行っています。
プロバイダによってはクレードルセットで無料の所もありますので、そんなプロバイダを選択すると良いです。WiMAXサービスを取り扱っているプロバイダの中に、So-netモバイルWiMAX 2+ってプロバイダがあります。このプロバイダが運営するWiMAXサービスですが、12ヵ月間セキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う点が特徴です。

So-netモバイルWiMAX 2+の特典になるセキュリティサービスですけど、カスペルスキーと言う会社のマルチプラットフォームセキュリティと言う名称のセキュリティサービスとなります。本来は月々500円掛かる有料サービスですから、金額的に6000円くらいのお得感になると言えます。

WiMAX端末は、次々と新しいものが発売されます。それぞれによって性能が違い、スペックも違います。

 

中でも驚いたのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の発売でしょう。このWiMAX端末はau 4G LTE回線に対応し、当時はまだ不足していたWiMAXの通信エリアをカバーする事が出来ました。

 

WiMAXのサービスを提供しているのプロバイダの中には、完全オリジナルのキャンペーン特典が準備されているところもあります。
具体例を出せば、DTI WiMAX? 2+ってプロバイダの場合には、DTI Club Offと言うDTI会員だけの独自の割引特典が付いて来ます。

DTI Club Offとは、日本全国にある旅館やレジャー施設、その他、温泉施設やスポーツクラブ、レストランや居酒屋などなど、さまざまなサービスを特別な優待価格で利用する事が出来ます。映画のチケットやミュージカル、美術館やカラオケなど、書ききれない程対象となるサービスは幅広いですから、幅広い人にお得感を感じて貰う事が出来ます。WiMAXの間でも、一番サポート体制がしっかりしているのはUQ WiMAXでしょう。
WiMAXサービスに対する情報を一番把握していますし、トラブルが起きた際のフォローも最も迅速かつ的確で、サポート受付け時間も最長です。ただ、UQ WiMAXはその代わりにキャンペーン特典の内容が今ひとつなので、代理店と契約を行なうと言う方法もあります。代理店ならキャンペーンの中身がある程度充実していますし、サポート関連はUQ WiMAXを利用すると言う良いとこ取りが出来ます。
モバイルのインターネットサービスには、WiMAXのようなサービスが多々あります。具体例を出すと、速度制限のないぷららモバイルLTEと言うサービスが存在します。
ぷららモバイルLTE速度制限が無いと言う話は間違いなくそうですが、3Mbps程度の通信速度でしか通信を行なう事が出来ません。

 

この通信速度は、速度制限の掛かったWiMAXよりも低速です。だから、速度制限が無いと言うウリ文句ではありますが、WiMAXで比べると、ずっと速度制限が掛かっている状態と同じです。

WiMAXと言うモバイルサービスの提供元となるのは、auのグループ会社であるUQコミュニケーションズです。
そんな理由から、auと連携したサービスがいくつかあります。その中でも代表的なものが、auスマートバリューmineです。WiMAXサービスの契約を行った後にauショップにて手続きを行なうと、auのサービスの料金が安くなるサービスです。WiMAXの醍醐味は、速度制限の規制が厳し過ぎないと言う部分にあります。
他のモバイルインターネットなら、速度制限が怖くて映画など見てられません。
可能な事と言うと、5分程度の動画を数日に一回程度観る位ではないでしょうか?一方、WiMAXなら堂々と映画が視聴出来ますし、一日中インターネット番組を流しっぱなしにしても平気です。

WiMAXの通信を行なうには、専用のWiMAX端末を使用する必要があります。
新しいWiMAX端末が次々と発売されていて、WiMAXはどんどん利便性が増しています。
大きな出来事で言うと、WiMAX端末が対応しているのはWiMAX回線だけだったのですが、2種類の通信回線であるWiMAX 2+回線やau 4G LTE回線も追加されました。
加えて、通信速度が毎年向上して来ています。キャリアアグリゲーションや4×4MIMOと言う技術が導入された際も、通信速度が220Mbpsへと向上しました。
WiMAXの端末は、徐々に性能が上がって来ています。
特に、通信速度の改良は目まぐるしく、今の段階で、最大の下り通信速度が220Mbpsに達しています。さりとて、この頃は通信速度より、どれだけ通信を行ったかを気にした機能が搭載される傾向にあるようです。最新WiMAX機器のSpeed Wi-Fi NEXT WX02やSpeed Wi-Fi NEXT W02も、Speed Wi-Fi NEXT WX01やSpeed Wi-Fi NEXT W01の通信量の表示機能が追加されたと言う形で発売されました。

その訳は、3日間で3GB以上の通信を行った場合に適用される混雑回避の為の速度制限、これが以前よりも適用されるようになり、速度制限が厳しくなったのです。

ですので、メーカーやユーザーとしては、新製品に搭載する機能も変わって来たのです。
WiMAXを契約すれば、その機能性の良さにビックリさせられます。
自分が契約後に感じたのが、通信制限が厳し過ぎないと言うところです。私はワイモバイルからUQ WiMAXへの買い換え組なのですが、帯域制限でイライラする事が無くなりました。UQ WiMAXにも帯域制限はありますけれど、ギガ放題プランであれば気になるレベルじゃ無くなるのです。

昨今のネット業界においては、従来の回線を凌ぐ勢いでモバイルインターネットへの需要が高まりつつあります。

 

契約した建物内でしか使用する事が出来ない従来の固定回線とは異なり、利便性の高さと言った点では人気の秘密となっています。
使い勝手とは反対に、モバイルはどれだけ通信が安定するのか気になって来るところではあります。ではありますが、モバイルのインフラは進んでいますので、通信状態は安定しています。
と言う事なので、モバイルだからと言っても、バカには出来ません。
UQ WiMAXサービスには色々な料金プランがありますけど、25ヵ月間契約が一般的です。

その訳ですが、25ヵ月間縛りの契約を結ぶ事で、25ヵ月間の月々の料金が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。加えて、申し込みから26ヵ月目以降になると長期利用割引が適用される為、結局のところ、契約期間中ずっと500円割引きされた状態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事が出来ます。
500円と聞くと大した金額ではないですが、割引きは毎月の事ですので、お得感は積もり積もって大きいものとなります。

UQ WiMAXではなく、KDDIのWiMAX端末として販売されているSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、下り最大通信速度が370Mbps出ると言う点が強みのWiMAX端末です。
これだけ速い通信速度を出す事が可能になる理由は、WiMAX 2+とFD-LTEのキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。この3波を使用したキャリアアグリゲーションですが、WiMAX 2+のTDD2波とFDDLTEの1波の周波数帯域を同時利用する事によって、下り最大通信速度が370Mbpsと言う驚きの通信速度を達成出来ていると言うわけなのです。
とは言っても、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を取り扱っている店舗には限りがある為、利用出来るキャンペーン特典の選択肢もそんなに多くありません。前々から気になっていたWiMAXに関して調べていると、様々な意見が存在します。
例えば、通信が安定しないだとか、そう言った否定的な口コミもあります。
とは言っても、WiMAXの高性能化に伴って環境も変化しています。と言う訳で、口コミの内容をそのまま鵜呑みにする事は出来ません。WiMAXについて口コミサイトを調べる際には、口コミが投稿された日付けから先に確認しましょう。

 

Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションを搭載し、初の下り最大通信速度が220Mbpsに及んでいるWiMAX端末としてラインナップされました。
発売された当初はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、今は対応している地域が広がっています。加えて、au 4G LTE対応はHWD15からそのまま受け継ぎ、広大な地域での通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つになってます。
当然、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルに対応してて、充電しながらのインターネットにも対応してます。WiMAXの素晴らしい所は、インターネットへのアクセスを無線で行なう事が出来ると言う点にあります。無線を利用しますので、どんなトコからでもインターネットアクセスが利用可能となります。

 

重ねて、WiMAX端末は小型ですから、どこでも持ち運びが出来ます。
そう言う部分を考慮すると、タブレットとの相性が抜群です。

そんな所から、プロバイダによってはWiMAXとタブレットをセット売りしているところもあります。WiMAXサービスを提供するプロバイダの間において、評判のプロバイダの一つとしてGMOとくとくBB WiMAX 2+があります。GMOとくとくBB WiMAX 2+は様々なキャンペーンを行っていて、そのラインナップの多さも人気の秘密です。そればかりか、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選ばれる一番の大きな理由は、業界でも最高額のキャッシュバックキャンペーンにあります。更には、サポート体制もしっかりしていて、それが人気を支える大きな要因となっている訳です。

周知の通りWiMAXには帯域制限がありますが、そんなに厳しいものではありません。ギガ放題プランで契約すれば、ハイスピードモードの時の月間データ量による速度制限はありません。また、混雑回避の為の速度制限の場合も、他のモバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を利用する事が出来ます。

速度制限時であっても、動画を観る事が可能な通信の速さは維持されます。
モバイルインターネットサービスの中でも話題のWiMAXではありますが、通信量に注意を払いながら使用するのが肝心です。
他のモバイルインターネットサービスと比較すると、WiMAXはそこまで厳しい速度制限を設けていません。
だけども、速度制限が全く無いと言うことではありませんから、どう言った場合に速度制限が掛かるのかを知っておくのは重要です。ですが、速度制限の対象内となった場合にも、そこまで神経質に考えなくても問題無くインターネットは出来ます。WiMAXサービスと言えば、au 4G LTE通信に対応しているWiMAX端末も登場しています。

 

au 4G LTE通信はauの通信回線で、人口カバー率99%を超えている、非常に受信しやすい通信回線です。800MHzと言う低周波数域を使用したプラチナバンドなので、障害物があってもすり抜けたり回り込んだりして、奥まった位置まで電波が届きやすいです。従来のau 4G LTEの下り最大通信速度はせいぜい75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsに対応している地域や、下り最大通信速度が150Mbpsに対応しているエリアも拡大しています。Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOと言う機能に対応して、下り最大通信速度が従来の二倍となる220Mbps出る部分が特徴のWiMAX端末です。4×4MIMOとはWiMAX端末内に装備されている4本の受信器と、WiMAX基地局に設置された4本のアンテナで4回線同時の通信を行なう技術の事です。
その結果、下り最大通信速度が以前の110Mbpsと言う速度から、二倍の220Mbpsとなるのです。加えて、Bluetoothと言う機能に対応していますから、Wi-Fiよりもわずかな消費電力でテザリングを行なう事が出来ます。
WiMAXって言うインターネット通信サービスはあるのですけど、このインターネットサービスは、速度制限が厳しすぎず、ある程度使い勝手の良い点が特長となります。

だから、たっぷりとインターネットを楽しもうと思っている方にとって、ワンプッシュ出来るモバイル環境と言えます。
速度制限のストレスから解放されたいと言う方は、一度考えてみてはどうでしょう?WiMAXサービスを導入した事により、私の日常は大きく変わりました。一番変わったのが、スマホで7G制限を気にする事がなくなりました。
Wi-Fiテザリングを使ってWiMAX端末でインターネットをするので、スマートフォンの通信量は消費しなくなったのです。
ですから、スマホサイトに動画が設置されている場合であっても、ヒヤヒヤせず普通に視聴出来るようになりました。nifty WiMAXと言うプロバイダでWiMAXの申し込みを行なうと、Wi-Fiサービスをタダで使用する事が出来るキャンペーン特典が付いて来ます。

対象のWi-Fiサービスですが、nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類になります。
その中の@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスですが、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を使用する事が出来るようになります。
WiMAX端末が手元になくても使用する事が可能ですし、帯域制限も気にしなくて良くなりますので、凄く人気のあるサービスになってます。
PEPABO WiMAXと言うプロバイダには、通常3種類の料金プランがあります。

28000円の高額な現金キャッシュバックが貰える通常プランとか、WiMAXサービスの月額料金の安い通常プランとなる月額割引プラン。他にも、ギガ放題プランを2年間通常プランの月額料金で利用出来る料金プランがあります。ちょこちょこ、もっと月額料金の安いタイムセールと言う料金プランが登場する事もありますが、タイムセールはいつもある料金プランではありません。

WiMAXの契約先となるプロバイダは、複数存在します。契約するプロバイダでキャンペーン特典の内容が違いますから、この部分、留意する必要があります。
具体例を出すと、月額料金を最安値で利用したいのであれば、GMOとくとくBB WiMAX 2+の鬼安キャンペーンがお薦めです。
こんな感じなので、それぞれの契約先で契約内容は違いますので、慎重に契約先は選ぶのが望ましいです。近頃は、WiMAXサービスのプロバイダの中に、オリジナルの保証制度を設けるプロバイダが出て来ています。例を挙げれば、Broad WiMAXはご満足保証と言う保証の制度を用意しています。
それから、GMOとくとくBB WiMAX 2+は20日間の保証制度を採用しています。どちらの保証制度にしても、違約金を支払わずにWiMAXの解約手続きを行なう事が出来ると言う制度となります。

 

/ 6月 10, 2016 / IT
タグ: