WiMAXを提供するプロバイダの一つに

WiMAXの提供元となるのは、auの子会社であるUQコミュニケーションズです。そんな訳で、auと連動したサービスがいくつかあります。そんな中で代表的なのが、auスマートバリューmineと言うサービスです。
WiMAXサービスの契約を行った後にauで手続きを行なえば、auの月額料金が割引きされるサービスです。Speed Wi-Fi NEXT WX02は4×4MIMOに対応し、下り最大通信速度が以前の二倍となる220Mbps出る点が特徴のWiMAX端末です。
4×4MIMOって言う機能はWiMAX端末内に装備されている4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本のアンテナで4回線の同時通信を行なう技術の事です。この結果、下り最大通信速度が以前の110Mbpsと言った速度から、倍の220Mbpsとなる訳です。

その他にも、Bluetoothに対応していますので、Wi-Fiよりもわずかな消費電力でテザリングをする事が出来ます。(BIGLOBE WiMAX 2+ Flat ツープラス ギガ放題の料金や特徴にて)

 

WiMAXを提供するプロバイダの一つに、Broad WiMAXと言うプロバイダが存在します。
Broad WiMAXの特性には、月額料金が安い点が挙げられます。その分初期費用が高額なのですが、クレジットカード払いの人は初期費用が無料になるキャンペーンが実施されています。
契約から25ヵ月目以後は業界最安値のプロバイダですから、長い期間契約を続ける人にとってお勧めのプロバイダです。
某電機屋さんで、光回線の利用を始めないかと店員に声掛けをされました。WiMAXで満足している私ですし、勿論ですが、光回線は必要ありません。そんなわけで、店員に対して断りを入れると、呆れるような営業トークをされました。
WiMAXって、天気の悪い日は受信が悪くなるでしょう?ですが、3年間WiMAXを使用して来た経験上、天気が荒れる事でWiMAXが受信出来なくなるなんて経験はありません。大雨が降って停電になった日もありましたが、WiMAXの通信環境に悪影響を及ぼす事はありませんでした。

人気のWiMAXと言うサービスについて調べると、色々と言われています。

 

どういうものがあるのかと言うと、建物内では通信速度が落ちるだとか、そう言った意見もあるにはあります。なのですが、WiMAX端末の新製品が定期的に発売されて環境は変化しています。
ですから、実際の状況と口コミの内容は、異なる事が多いです。口コミサイトでWiMAXについて調べる時には、古いものは信ぴょう性が落ちると認識しながら読みましょう。

WiMAX通信機のサイズは、スマホよりも小さいです。

 

と言う訳で、お荷物になりません。ポケットサイズですし、重さや厚みも大した事無くて、ハンカチと一緒に入れても大丈夫です。

WiMAX端末は、スマホアプリを使用して操作可能です。と言う事で、WiMAXルーターをカバンの中に入れ、そのまま使用する事も可能です。PEPABO WiMAXと言うプロバイダには、通常3種類の料金プランがあります。28000円の高い現金キャッシュバックが受け取れる通常プランとか、月額料金が低価格な通常プランである月額割引プラン。
その上、ギガ放題プランを2年の間通常プランの安い月額料金で利用可能な料金プランがあります。

 

ちょこちょこ、更に月額料金の安価なタイムセールと言う料金プランが登場する事もありますが、タイムセールはいつもラインナップされている料金プランではありません。インターネットサービスの契約をしようと今の業界を調べてみましたが、従来の回線を凌ぐ勢いでモバイルインターネットへの需要が高まりつつあります。

好きな場所からインターネットにアクセスする事が出来ると言う自由度があって、利便性が大幅に上がっています。ただ、モバイルですから、通信状態の信頼性が乏しいところはあります。
ただ、現在のモバイル業界は環境の整備が整っていて、安定したインターネット環境を手にする事が出来ます。

ですから、モバイルとは言えども、使えないと言う事は無いです。

nifty WiMAXと言うプロバイダでWiMAXの契約をすると、Wi-Fiサービスをタダで使用する事が出来るキャンペーン特典が付いて来ます。

対象のWi-Fiサービスですが、具体的には@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類となります。その中の@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスですけども、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を使用する事が出来るようになります。WiMAX端末を所持してなくても利用する事が可能ですし、速度制限も気にしなくて良くなりますので、凄く人気のあるサービスになってます。

Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに相当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02と言うWiMAX端末は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりバッテリーの消費を抑える点が強化されたWiMAX端末です。

その理由としては、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOと言う機能は通信速度が二倍になるメリットがあるものの、バッテリーの消費が激しかったからなのです。そう言う訳から、Speed Wi-Fi NEXT WX02にはバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる仕様になる、バランスモードと言う機能が新たに搭載されました。合わせて、三日間の総通信量が表示される機能が新たに搭載され、混雑回避のための速度制限への対策がしやすくなりました。
UQ WiMAXサービスの醍醐味は、通信制限が厳し過ぎないと言うところにあります。他モバイルインターネットサービスなら、通信制限が恐ろしくて映画など見てられません。平気な事と言うと、5分程度の動画を数日に一回程度視聴する位ではないでしょうか?そんな中、WiMAXだったら普通に映画が観れますし、24時間インターネット放送を流しっぱなしにしても問題ありません。

WiMAXのサービスを導入した事で、私の生活は変わりました。

一番変化が大きかったのが、スマートフォン通信で7G制限に気を取られる必要がなくなりました。

Wi-Fi通信を使用してWiMAX端末でインターネットを行なうので、スマホで使用出来る通信量は浪費しなくなった訳です。

ですので、スマホサイトに動画が設置されている場合であっても、気にせず普通に観れるようになりました。WiMAX端末は通常の値段が20000円しますし、クレードルセット販売で22750円もします。それなりの金額となりますので、WiMAX導入の際の足かせとなります。ってことで、各プロバイダではWiMAX端末のプレゼントキャンペーンを行っています。

 

プロバイダによってはクレードルとセットで無料の所もありますので、そう言うプロバイダを選ぶと良いです。UQ WiMAXサービスには様々な契約プランがありますけど、25ヵ月間に渡る契約が基本です。

その理由は、25ヵ月間継続の契約を行なう事で、25ヵ月間の月額使用料が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。なおかつ、申し込みから26ヵ月が経過すると長期利用割引が適用される為、結果、ずっと500円割引きされた態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事になります。
500円と聞くとそんなに大した金額ではないですが、割引きは毎月の事ですので、お得感はどんどん積もり積もって大きくなります。
Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションを搭載し、初の下り最大通信速度が220Mbpsに達しているWiMAX端末としてラインナップされました。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が発売された当時はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、現在は対応しているエリアが広がっています。

 

他にも、au 4G LTE対応はHWD15から受け継ぎ、広い地域での通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つになってます。

 

言う間でもないですが、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う充電台にも対応してて、充電しつつのインターネットにも対応してます。
WiMAXを使用する際、注意する速度制限が二種類あります。
先ずは、月間データ量による速度制限って言う、7G制限と呼ばれているものがあります。

ふたつめが、混雑回避の為の速度制限って呼ばれるものが存在します。
ギガ放題プランへ申し込む事によって、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限は免除になります。しかし、混雑回避の為の速度制限に対しては適用となります。

近頃、WiMAXのプロバイダの中に、独自の保証制度を設けるプロバイダが出て来ています。

例として出すと、Broad WiMAXはご満足保証と言う保証の制度を導入しています。

 

はたまた、GMOとくとくBB WiMAX 2+では20日の保証制度を導入しています。
どっちの保証制度にしても、違約金を支払わずにWiMAXの解約手続きを行なう事が出来ると言う制度となります。WiMAX端末は、日々進化を遂げています。何より、通信速度の向上が際立って、現時点で、220Mbpsと言う速い速度に達しています。

 

ただし、近頃は通信の速さより、総通信量に対する注目が集まっています。新しいWiMAX機器のWX02やW02も、Speed Wi-Fi NEXT WX01やSpeed Wi-Fi NEXT W01の通信量の表示機能が強化されました。その理由は、3日間で3GB以上の通信を行ったユーザーを対象にした速度制限、これが以前よりも適用されるようになり、速度制限が厳しくなったのです。

従って、製造会社及び使用者としては、一番気になる関心事がここにスライドしたのです。
WiMAXの間でも、一番サポート関連がしっかりしているのはUQ WiMAXでしょう。

 

WiMAXサービスに対する情報を一番把握していますし、問題が起きた際の対応も最も早くて的確で、サポート対応時間も最長です。
だけども、UQ WiMAXはその分キャンペーン特典の内容がイマイチなので、代理店と契約をすると言う手段もあります。

代理店だとキャンペーンの中身がある程度充実していますし、サポート対応はUQ WiMAXを利用出来ると言う良いとこ取りが可能です。

WiMAXに対応している通信機器は数種類存在します。

新しい製品が次々発売され、WiMAXの技術力は次々と上がっています。例えば、以前はWiMAX回線しか対応してなかったですが、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線を使い分ける事が可能となりました。それから、通信速度が毎年速くなっています。キャリアアグリゲーションや4×4MIMOと言う技術が採用された際も、通信速度が倍に向上しました。周知の通りWiMAXには速度制限がありますが、それほど厳しいものではありません。

ギガ放題プランに申し込めば、ハイスピードモードに対する月間データ量による速度制限はないです。
混雑回避の為の速度制限の時も、他社モバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を使用する事が可能です。
速度制限の時であっても、動画を観る事が出来る通信速度は維持されます。

月額料金の安価なWiMAXのプロバイダとして、Racoupon WiMAXと言うプロバイダがございます。圧倒的に月額料金が安いプロバイダですから、色々と制約を付けない中であれば、業界で最も安いWiMAXのプロバイダと言えます。

ですけれども、auスマートバリューmineには非対応ですので、auのスマートフォンやケータイと契約しているユーザーにとっては、あまりうまみのないWiMAXのプロバイダとなります。はたまた、電話でのユーザーサポートが平日の10時から18時までしか対応していない為、そんな部分でも注意が必要なWiMAXのプロバイダと言えます。

WiMAXユーザーのメリットとしては、インターネットの利用を無線通信で行なう事が出来ると言う部分があります。

無線を使用しますから、場所に囚われる事無く、広いエリアでのインターネットが可能となります。

 

また、WiMAX端末はポケットサイズですから、携帯性に長けています。
そう言う部分を考慮すると、タブレットと一緒に持ち運んで、好きな場所から使用するのも良いです。
ですから、タブレットの無料プレゼントを行っているWiMAXプロバイダもあります。顧客満足度ナンバーワンのWiMAXではありますけれども、速度制限と言う通信制限がある事も考えながら使いましょう。他のモバイルインターネットサービスと比べ、そこまではWiMAXの速度制限は厳しくないです。
そうは言っても、通信のし過ぎは速度制限の対象となってしまいますので、速度制限が掛けられる基準を知っておくのが良いでしょう。しかしながら、速度制限が適用されたケースにおいても、大容量のダウンロードを行わなければ、問題無くインターネットを使用する事が出来ます。WiMAXサービスと契約を申し込む時、色々なキャンペーン特典が付いて来ます。
中でも便利なのが、公衆無線LANが利用可能になるサービスでしょう。
UQ WiMAXであるとUQ Wi-Fiプレミアム、そして、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言った感じのものです。

どのプロバイダと契約を行っても利用出来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、数多くのWi-Fiスポットと契約しているサービスです。WiMAXの機器の中においては、au 4G LTEと言ったauの通信回線に対応している機種もあります。
au 4G LTEは人口対応率99%と言う通信回線で、広いゾーンで繋がります。それから、800MHzのプラチナバンドを使用していますから、奥まった部分にまで電波が行き届きます。その一方、一回でも使用すると月に1005円の回線使用料が請求されますし、ギガ放題プランであっても通信制限が普通に適用されます。
WiMAXには料金プランが幾つか存在し、選ぶ必要があります。プロバイダによって多少の違いはありますが、大きく分けると2種類料金プランが存在します。それは何かと言うと、通常プランとギガ放題プランと言う料金プランです。

ギガ放題プランは月額料金が高いですが、料金分以上に通信を楽しむ事が出来ますお得な料金プランです。
その点、通常プランは安いですが、速度制限の規制が厳しくなる分、使い勝手は悪くなります。

 

毎月どれだけ通信を行なうかを考えながら、料金プランを選択すると良いでしょう。WiMAXサービスを展開しているプロバイダなのですが、いくつかあります。各プロバイダで契約内容に違いが出て来ますので、この部分、ご注意下さい。一つの例ですが、安心感とキャッシュバック額の両方を両立したいのであれば、シナジーパートナーズがお勧めの契約先と言う事になるでしょう。ですから、各キャンペーンでお得感は違いますので、お得なプロバイダと契約を行なうようにしましょう。
ワイマックスと言うネット通信サービスがあるのですが、このサービス、通信制限の規制がやや緩めで、そこが特長となります。
なので、それなりに通信を行なうと言う方にしてみれば、ストレス無くインターネットを楽しむ唯一のモバイルサービスと言えます。
帯域制限を気にせずにインターネットを行いたいというのであれば、検討してみましょう。
WiMAXサービスを運営しているプロバイダの間において、人気のプロバイダの一つとしてGMOとくとくBB WiMAX 2+を思い浮かべる方は少なくないです。

 

GMOとくとくBB WiMAX 2+は様々なキャンペーンを行っていて、そのラインナップの豊富さも評判の秘密です。

 

だけども、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選ばれる一番の大きな要因は、業界でも最高額のキャッシュバックキャンペーンにあります。それに加えて、保証体制もしっかりしていて、それが人気を支える大きな要因となっているのです。

/ 6月 8, 2016 / IT
タグ: