近年のUQ WiMAXサービスと言えば

WiMAXのサービスは25ヵ月間契約が基本になってて、期間内に解約をしてしまうと契約解除料を取られてしまいます。

 

それほど長い契約期間になっていますので、きちんとしたとこと契約を行いたい所です。

意外と見逃されがちな部分が、それぞれの契約先のカスタマーサービスの応対です。電話対応が平日だけだったり、フリーダイヤルでは無いプロバイダもありますから、しっかりと判断してから申し込みを行いたいものです。
近年のUQ WiMAXサービスと言えば、au 4G LTEと言う通信回線に対応しているWiMAX端末も登場しています。au 4G LTEはauの基地局から発せられる通信回線で、人口カバー率が99%を超える、かなり受信しやすい通信回線です。(WiMAXには、自作したパラボラアンテナは効果ある?を参照)

800MHzと言う低周波数域を使用したプラチナバンドで、障害物があっても貫通したり回り込んだりして、奥まった場所にも電波が届きやすいです。

 

今までのau 4G LTEの下り最大通信速度は75Mbpsでしたけど、下り最大通信速度が100Mbpsに対応したエリアや、下り最大通信速度が150Mbpsに対応しているエリアも拡大して来ています。
人気のWiMAXとは言えども、速度制限と言う通信制限がある事も考えながら使いましょう。他のモバイルサービスと比較すると、WiMAXは緩めの速度制限の設定となっています。だけども、速度制限が全く無いと言うことではありませんから、時々は通信量を気にかけると良いでしょう。
ただし、速度制限が適用されたケースにおいても、基本的なインターネット位なら、普通に使用する事が可能です。WiMAXの機器は、常に進化を続けています。

際立って、通信速度の改良が目立ち、現在は、220Mbpsもの下り最大通信速度が出ます。

ところが、この頃は通信の速さよりも、総通信量に対する注目が集まっています。新型WiMAX端末のSpeed Wi-Fi NEXT WX02やSpeed Wi-Fi NEXT W02も、Speed Wi-Fi NEXT WX01やSpeed Wi-Fi NEXT W01の通信量の表示機能が追加されたと言う形で発売されました。

 

なぜならば、3日間で3GB以上の通信を行った場合に適用される速度制限、この適用が運用されるようになったからです。なので、メーカーやユーザー的には、そこに対して配慮した機能にニーズを見出しているのです。

WiMAXサービスを提供するPEPABO WiMAXは、普段は3種類の料金プランがあります。28

000円の高い現金キャッシュバックが受け取れる通常プランとか、月額料金の安い通常プランである月額割引プラン。そして、ギガ放題プランを2年間通常プランの月額料金で利用可能な料金プランがあります。
不定期で、更に月額料金の安いタイムセールと言う料金プランがラインナップしている事もありますが、これはいつもある料金プランではありません。

インターネットの新しいサービスは次々と出ていますが、従来の回線を凌ぐ勢いでモバイルインターネットへの需要が高まりつつあります。使える場所が予め決まっている固定回線とは違うので、利便性の高さが大きい印象を受けます。
でも、モバイルのイメージとしては、どれだけ通信が安定するのか気になって来るところではあります。

 

ですけれども、モバイルを取り巻く環境は整備が進み、通信状況は良くなっています。
なので、モバイルの安定性は、決してバカには出来ないです。

 

WiMAXを利用する際には、注意すべき速度制限は二つあります。

まず、月間データ量による速度制限、一般的に言われている7G制限と呼ばれているものです。ふたつ目が、混雑回避の為の速度制限って呼ばれるものがあります。ギガ放題プランに申し込むことによって、ハイスピードモードを設定時の月間データ量による速度制限は免除になります。ただ、混雑回避の為の速度制限に関しては適用されます。
WiMAX通信専用の通信機器は、年々新製品が発売されます。それぞれにより性能が異なり、快適さも異なります。中でも驚いたのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の発売開始です。
このWiMAX端末はau 4G LTEに対応していて、当時はまだ不足していたWiMAXの通信エリアをカバーする事が出来ました。

WiMAXを提供するプロバイダの一つに、Broad WiMAXと言ったプロバイダが存在します。

 

Broad WiMAXの特性には、月額の使用料金が安い点が挙げられます。

 

その分だけ初期費用が高いのですが、クレジットカード払いの方は初期費用がタダになるキャンペーンが実施されています。
契約25ヵ月目以降は業界で一番安いプロバイダなのですから、長く契約を続ける方にはお勧めのプロバイダとなります。
モバイルルーターを使ったインターネットサービスは、WiMAX以外にも色々なサービスが存在します。

具体例を挙げると、速度制限無しと言う点で話題のぷららモバイルLTEが存在します。このサービスは確かに速度制限はありませんが、3Mbps程度の通信速度でしか通信を行なう事が出来ません。

この通信速度なのですが、速度制限の掛かったWiMAXよりも低速です。

つまり、速度制限が無いとは言っても、WiMAXと比べると、ずっと速度制限が掛かっているのと変わりありません。WiMAXサービスの月々の料金ですけど、実際の所、契約先によって金額が違います。例を挙げると、Broad WiMAXの場合は初めに高額な初期費用が掛かる代わりに、契約期間中は毎月の料金が割引きされます。

そして、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金が大幅に安いですが、申し込み25ヵ月目の月額料金は高額になります。
こう言った感じで、それぞれの契約先によって月額料金に特徴がありますから、それを理解した上で申し込み先を検討しましょう。UQ WiMAXのサービスの醍醐味は、通信制限の規制が厳し過ぎないと言うところにあります。他モバイルインターネットサービスだと、帯域制限が恐ろしくて映画など見てられません。

問題ない事と言うと、5分程度の動画を数日に一回程度観る位でしょう。でも、WiMAXならば堂々と映画が観れますし、24時間インターネット放送を流しっぱなしにしても平気です。Speed Wi-Fi NEXT WX02は4×4MIMOに対応し、下り最大通信速度が以前の倍になる220Mbps出る点が特徴のWiMAX端末です。
4×4MIMOとはWiMAX端末に内蔵された4本の受信器と、WiMAX基地局に設置された4本の受信器で4回線の同時通信を行なう技術の事です。そのテクノロジーにより、下り最大通信速度が以前の110Mbpsから、二倍の220Mbpsになる訳なのです。それに、Bluetoothにも対応していますので、Wi-Fiよりも少ない電力でテザリングを行なう事が可能となります。
UQ WiMAXサービスを契約すると、この利便性の良さに驚かされます。自分が感じたのが、通信制限がそんなに厳し過ぎないと言う部分です。自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの買い換え組なのですが、速度制限でイライラする事が無くなりました。

UQ WiMAXにも通信制限はありますが、ギガ放題プランであれば気にするレベルじゃ無くなるのです。
WiMAXサービスを利用して思う利点は、複数存在します。まず思い浮かぶのが、無線なので、任意の場所からインターネットアクセスが可能な点が挙げられます。続いて考えられるのが、無線の通信回線ですので、ネット開通に伴う工事は不要です。

また、ネット回線工事が必要ありませんから、月額料金が安くなると言うメリットもあります。

なお、帯域制限の規制が緩いと言う点も、WiMAXの評判に繋がっています。

WiMAXサービスを展開するプロバイダは、幾つかあります。契約先となるプロバイダ毎にキャンペーンに違いがありますから、その辺り、注意した方が良いです。

 

例として、出来るだけ安くWiMAXサービスを利用したいのであれば、GMOとくとくBB WiMAX 2+と言うプロバイダがお勧めのプロバイダと言う事になります。このように、それぞれの契約先で契約の内容が異なりますから、ちゃんとプロバイダ選びは行いたいものです。

WiMAXのサービスを取り扱っているプロバイダの中に、So-netモバイルWiMAX 2+ってプロバイダがあります。このプロバイダが運営しているWiMAXサービスですが、1年間セキュリティーサービスをタダで利用する事が出来ると言う点が特徴です。

So-netモバイルWiMAX 2+の特典となるセキュリティサービスですけど、カスペルスキーと言う会社のマルチプラットフォームセキュリティと言う名称のセキュリティサービスとなります。本来は月額500円掛かる有料サービスですから、金額的に6000円分のお得感があると言えるでしょう。
この頃、WiMAXサービスの契約先の中には、独自の保証制度を用意するプロバイダが出て来ています。例として出すと、Broad WiMAXではご満足保証と言う保証の制度を導入しています。その他には、GMOとくとくBB WiMAX 2+では20日間の保証制度を採用してます。
どっちの保証制度にしても、契約解除料を支払わずにWiMAXの解約を行なう事が出来ると言う制度となります。
月額料金が安いWiMAXのプロバイダとしては、Racoupon WiMAXがございます。
驚くほど月額料金が安いプロバイダですので、あれこれ制約を付けないのであれば、業界で最も安いWiMAXのプロバイダだと言えます。

だけども、auスマートバリューmineには非対応ですので、auでスマートフォンやケータイと契約しているユーザーにとっては、ほとんどお勧め出来ないWiMAXのプロバイダと言っても良いでしょう。
更に、電話でのユーザーサポートが休日以外の10時から18時までのみ対応しているので、そう言う点でも気を付けるべきWiMAXのプロバイダと言えます。
UQ WiMAXを購入すると、WiMAX端末しか必要ないので、家の中がさっぱりします。

光インターネットだと電話線とモデムとWi-Fi機器が必要で、その間をLANケーブルで繋ぐ必要性があります。
モデムは毎月レンタル料金が必要で、月々の料金に追加課金されます。方法としては、モデムに無線カードを差し込むと言う方法もありますけど、無線カードを使用する月はレンタル料を取られてしまいます。UQ WiMAXサービスには様々な契約プランがありますけど、25ヵ月間に渡る契約が一般的です。

なぜかと言うと、25ヵ月間縛りの契約を結ぶ事によって、25ヵ月間の月々の料金が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。
加えて、契約から26ヵ月が経過すると長期利用割引が適用される為、最後には、契約期間中ずっと500円割引きされた状態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事になります。

500円と聞くとそんなに高額な金額ではありませんけど、値引きが適用されるのは毎月の事ですから、リーズナブル感はどんどん重なって大きいものとなります。新たにWiMAXのサービスを導入した事で、私のライフスタイルは変わりました。

 

最も大きかった事は、スマートフォンで7G制限を気にする必要がなくなりました。

Wi-Fiテザリングを使ってWiMAX端末でインターネットを行なうので、スマートフォンで使用出来る通信量は浪費しなくなった訳です。
ですから、スマートフォンサイトに動画が設置されている場合であっても、気にせずPCのように観れるようになりました。

nifty WiMAXと言うプロバイダでWiMAXの契約をすると、Wi-Fiサービスをタダで利用する事が可能となるキャンペーン特典が付いて来ます。

対象となるWi-Fiサービスですが、nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類になります。その中の@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスなのですけど、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの両方を利用する事が出来るようになります。
WiMAX端末が手元になくても使用する事が可能ですし、速度制限も気にしなくて良くなりますから、凄く人気のあるサービスになってます。

 

ワイマックスと言うネット通信サービスがあるのですが、このネット通信サービスって、通信制限の規制がやや緩めで、そこが特長となります。

 

そこで、余裕のあるインターネットの通信環境を手にしたいのであれば、最もお勧めのモバイルインターネットサービスとなります。7G制限が気がかりと言う方は、導入するのも良いでしょう。電機屋で、店員から光回線の勧誘を受けました。WiMAXユーザーの私ですから、当然、そんなもの必要ありません。

 

店員に対してそう言う回答をすると、びっくりする回答をされました。
WiMAXって、天気によって受信具合がコロコロ変わるでしょう?でも、私の今までのWiMAX経験からすれば、天気悪化でWiMAXが使えないと言う経験はいまだかつてありません。台風直撃の最中であっても、WiMAXへの影響は何も見られませんでした。WiMAXサービスの利用の際、料金プランが幾つかあります。
プロバイダにより異なりますが、大きく分けて2種類の料金プランがあります。

 

それは一体何かと言うと、通常プランとギガ放題プランです。ギガ放題プランを選ぶと月額料金が少し高くなりますが、通信量による帯域制限が緩いので、お得感は大きいです。
その点、通常プランと言う料金プランは安いのですが、速度制限の規制が厳しくなる分の注意が必要です。
自分のライフスタイルに合わせて、どちらの料金プランを選択するかを決めましょう。WiMAXと言うインターネットサービスの提供元は、auの子会社であるUQコミュニケーションズなのです。なので、auと連動したサービスがいくつかあります。
その中で代表的なのが、auスマートバリューmineと言えます。
WiMAXサービスの契約を行った後にauショップで手続きを行なうと、auの月額料金が割引きされるサービスです。Speed Wi-Fi NEXT W01はキャリアアグリゲーションと言う機能を搭載し、初めての下り最大通信速度が220Mbpsに及んでいるWiMAX端末として登場しました。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が発売された当初はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、現在は対応エリアが広がっています。

なおかつ、au 4G LTEと言う機能はHWD15から踏襲し、広い地域での通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つになってます。勿論の事ですけど、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う充電台にも対応していて、充電しながらのインターネットにも対応してます。

前々から気になっていたWiMAXサービスですが、多種多様の意見があります。
一例ですが、通信が途切れるだとか、そう言った否定的な口コミもあります。

ですけども、WiMAXの受信状況は日々向上しています。そう言う事ですので、今と口コミの内容が合致しない場合も往々にしてあります。

口コミサイトのWiMAXの記事を読む場合、いつ投稿されたかまで確認した方が良いでしょう。

確かにWiMAXには速度制限がありますけど、それほど厳しいものではないです。

ギガ放題プランに申し込めば、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限はありません。

 

混雑回避の為の速度制限の場合も、他社モバイルインターネットサービスの3倍の通信量を使用する事が出来ます。

速度制限が掛けられた時であっても、動画を観る事が出来る通信の速さは維持されます。

 

/ 6月 7, 2016 / IT
タグ: